つぶあん日記

この歳になって思うこと この歳だから言えること

TOP >  暮らしのなかで >  張り詰めた気持ちが少し緩んで

張り詰めた気持ちが少し緩んで


″〇〇さんの健康がとても心配です。
この長いトンネルもいずれは抜けますので、
一歩身を引いて、見ること聞くことも必要かと
思いますよ。娘さんとは明るい話題を
おしゃべりしましょうね。
必ず日常はもどってきますよ″

月に一回、漢方薬と睡眠導入剤をいただきに
行っているかかりつけの先生から、
葉書が届きました。
いつものように、先生の手書きのイラストが
添えられています。

診療中に話しきれなかったり、
特に気がかりがあった時など、
先生は時々、葉書をくださるのです。
右脚の股関節手術の前にも、励ましの葉書をくださり、
入院の際にはお守りに持っていきました。

今回、コロナのことで、
この1年あまりで感じた違和感を
遠慮なくぶつけてしまいましたからね、私。
先生も、このままでは私の精神状態が
ちょっとマズイと思われたのでしょう(苦笑)

DSC01927 (2)a


″必ず日常はもどってきますよ″
最後の言葉に、張り詰めた気持ちが少し緩んで
思わず涙があふれました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
スポンサーサイト