つぶあん日記

この歳になって思うこと この歳だから言えること

TOP >  暮らしのなかで >  答え合わせが待ち遠しいけれど

答え合わせが待ち遠しいけれど


″就任式ごっこ″から65日経って
ようやく単独の記者会見に臨んだバイデン氏。

会見の場に呼ばれたのは、左派メディアばかりで、
バイデン氏の手元には、
質問する記者の顔写真と番号のついた名簿があり
(ネットでは、その写真も出ていましたね)
会見自体も台本棒読みで、
まあ、なんといいましょうか、
想像された通りの″会見ごっこ″だったようです。

夜中に無理して起きて見た、あの奇妙な就任式。
黒人の牧師さんの「ドミニオンパワー!」には
度肝を抜かれたけれど、
ホワイトハウスにいまだに入れず、
どこかの映画スタジオで撮影されているとか、
エアフォース2には乗れるけど
「1」には乗れないとか、
シークレットサービスがジーンズ履いたままだとか、
飛行機のタラップで3度もつまずくとか、
コントみたいな話題には事欠かないバイデン氏。
(数年前とは明らかに別人の写真も出回っているけれど、
どちらが本物?)


4月には、菅氏と直接会談するという話が出ています。
リモート映像ばかりで、いまだにどこの国の
要人とも直に会談していないのに、
(プーチンさんからの直接会談の要望は断ったとか)
何故わざわざ″菅氏″を指名したのでしょう?
そもそも、バイデン氏の認知症が進行している状態で、
まともな会談など成立するのでしょうか?

日本がアメリカに特別に選ばれた」と
善意に解釈するのも、ちょっと違うような。
「偽大統領と最初に会った首相」ということで、
後々、世界の笑いもの=日本の恥に
ならなきゃいいけれど、、、

一方トランプさんは、
新しいソーシャルメディアを近々開設するそうな。
こちらはごっこでは無い、ホントのお話。

いろいろと不可思議なアメリカの現状。
答え合わせが待ち遠しいけれど、
「その日その時」が来るのを、
辛抱強く待つしかないようです(´-`*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
スポンサーサイト