つぶあん日記

この歳になって思うこと この歳だから言えること

TOP >  暮らしのなかで >  もはや何でもアリの日本

もはや何でもアリの日本


いやはや、もう感心するというか、
呆れるというか。

AIがコロナウイルスを識別する装置やら、
飛沫・抗ウイルス対策機能を搭載した会議用デスクやら、
息を吹き替けただけで感染を判定する装置やら、
混雑状況をリアルタイムで可視化できるサービスやら、
飛沫を可視化できるできるシステムの開発やら、
問診と検温のできるスクリーニングロボットやら。

コロナバブル、コロナ特需に乗っかって
企業はここぞとばかりに、ナンチャラ開発に躍起。
オリンピック開催に向けて、自社製品が採用されれば、
それこそ大儲け?できますものね。

毎年、コロナよりもはるかに多くの人が亡くなる
インフルエンザ対策には、
誰もどこも見向きもしなかったのに、
この開発ラッシュは何ざんしょ。

一方で、7月以降、自殺者の数が増えていること、
特に社会的立場の低い女性や、
10代、20代の自殺者が増えていることは、
まともに取り上げられません。
このことが、コロナと無関係だとは、
もう誰も言えないでしょう。

死者数はもうほとんど増えず、
(今亡くなっているのは、平均寿命に近い高齢者の方ばかり)
日本ではもう集団免疫状態にあることを、
政府関係者も知っているにも関わらず、
指定感染症を5類に下げることも、
国民に向けて「普通に暮らしましょう」と
発信することもしません。

それどころか、年末年始の初詣がどうの、
休暇の延長がどうのと、理解に苦しむことばかり。
いつまで引っ張るつもりなんでしょうね。
ワクチン打たせるまで引っ張るつもりでしょうか。
通常運転に戻さないと、せっかく得た免疫が
廃れてしまうと、先生がおっしゃっているのに、、、

"腹をくくる"という政治判断が出来ないのは、
安倍政権も菅政権も同じです。

コロナ対策という名目でなら、
もはや何でもアリの日本。
ちなみに、原価の低いPCR検査は、
ぼろ儲けだそうです(-_-)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ

本日から、軽症・無症状者の入院対象が、
65歳以上で基礎疾患のある方、医師が必要と判断した場合に
変わるのですが、まるで申し合わせたかのように
メディアは報じませんね(-_-)

スポンサーサイト



Comment







管理者にだけ表示を許可