つぶあん日記

この歳になって思うこと この歳だから言えること

TOP >  暮らしのなかで >  いい加減にして

いい加減にして


「一刻の猶予も許されない」
「都民と事業者が一体となって、
この難局を乗り越えていかねば、、、」

小池都知事。
もう明日から8月ですよ。
いつまで都民に″協力をお願い″するおつもりでしょうか。

5月の連休前には、
″ステイホーム″という言葉で、外出自粛をお願い。
知事選が終わったと思ったら、
やたら検査数を増やして、元気な無症状の人を
入院させ、病院を逼迫させて。
なんでそのツケを、カラオケ店や飲食店が、
時短営業してまで払わなきゃいけないの?
協力金の20万円より、通常営業したほうが
いいに決まってます。
お店が悪いわけじゃないでしょ。
これ以上、飲食店イジメはやめたら?
そんなことしても、ウイルスはゼロにはなりません。

「難局」にしているのは、あなたでしょうが(`´)

おまけに、夏休みになっても、
相変わらず外出自粛のお願い。
夏休みが終わったら、
次はお正月休みも同じことを言うのかな。
それでいて、平日の通勤電車はそのまんま。
皆がテレワークをやってたら、
世の中成り立ちませんからね。

こんなチグハグで、穴ぼこだらけの政策に
いつまでも都民がおとなしく従うわけないでしょ。

私は昨日、厚労省<国民の声>宛てに、
『コロナを指定感染症から外して欲しい。
それが無理なら、せめて2類から
インフルエンザと同じ5類へ変えて欲しい』と
要望を出しました。
内閣府や首相官邸にも要望を出すつもりです。
黙っていたら、何も変わりません。

指定感染症から外すだけで、
今起きている問題のほとんど解決するのに、
知事や国会議員から、このような声があがらないのは
何故?

あと数か月で今年も終わるというのに、
相変わらずフリップボード掲げたり、
意味の無いステッカー作ったり。
コロナを政治パフォーマンスに使うな!

いい加減にして。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
スポンサーサイト



Comment







管理者にだけ表示を許可