つぶあん日記

この歳になって思うこと この歳だから言えること

TOP > 映画のこと

自分の余命が財産となる未来~映画『TIME/タイム』

自分の余命が財産となる未来~映画『TIME/タイム』

自分の余命が財産となり、通貨の代わりになる未来がやってきたら、、、そんな不条理な世界を描いた『TIME/タイム』という映画を紹介しますね。″科学技術の進化で老化が無くなり、すべての人間の成長が25歳で止まります。皆が歳をとらなくなるので、お母さんもお祖母さんも皆25歳。人口増加を防ぐために、25歳からは、余命(1年)が腕にデジタル表示され、通貨の代わりとなります。物を買うのも食べるのも、車の通行料も、バスに乗...

... 続きを読む

映画『パラサイト~半地下の家族』~怖いくらいの映像美~

映画『パラサイト~半地下の家族』~怖いくらいの映像美~

wowowで放映された、映画『パラサイト~半地下の家族』ポン・ジュノ監督の作品を観たのは、『グエムル 漢江の怪物』に続いて2本目です。いやもう、、、何と言ったらいいのか。見終わった後、映像とストーリーが、脳裏に焼き付いて、なかなか寝付けませんでした。タイトル通り、″半地下″に住む4人家族。全員が失業中で、苦しい生活をしています。友人の紹介で、ある富豪家族の娘の家庭教師をすることになった長男をきっかけに、家族...

... 続きを読む

映画『聲の形』のラストシーンのように

映画『聲の形』のラストシーンのように

『聲の形(こえのかたち)』という映画をご存知でしょうか?京都アニメーション(悲しい事件がありました)制作の、長編アニメーション映画です。聴覚障害のある少女を、興味本位からいじめていた、小学6年生の少年=将也は、クラスの弾劾裁判によって、今度は自分がいじめの対象になってしまいます。以来、将也は周囲の声から耳を塞ぎ、友人の顔が、✖印をつけた顔にしか、見えなくなってしまいます。暗黒の中学時代を経て、高校生...

... 続きを読む

メラニーさん 安らかに

メラニーさん 安らかに

映画『風と共に去りぬ』(1939年 アメリカ)この映画を最初に観たのは、高校生の頃。映画好きの友達と、八坂神社のすぐそばにあった祇園会館という映画館で観ました。主役のスカーレットとは対照的な役柄。女性らしさにあふれ、それでいて芯が強く、いざという時は毅然として動じない。そんな、メラニー役を演じた女優、オリビア・デ・ハヴィランドさんが、26日、パリの自宅で亡くなられたとか。以前、アカデミー賞授賞式のプレゼ...

... 続きを読む

生きているってこういうこと~映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』

生きているってこういうこと~映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』

2018年に公開された『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』前作から数年後の現在と、若き日のドナ(メリル・ストリープ)の青春時代を描く続編です。ドナの娘ソフィが母親となり、赤ん坊の洗礼式で、すでに亡くなった母ドナ(幻影)と再会。ドナがソフィと赤ん坊を見守りながら、礼拝堂から笑顔で消えていくシーン。もう泣けて泣けて。ミュージカル映画を観て、こんなに泣けたのは初めてかも(ノД`)・゜・。そして、個人的に何より...

... 続きを読む