つぶあん日記

この歳になって思うこと この歳だから言えること

TOP > 人工関節と共に

「迷っているうちは、まだ手術しないほうがいいよ」

「迷っているうちは、まだ手術しないほうがいいよ」

長い間、右脚の不調に悩んでいた私が、人工股関節手術を決心したのは、2018年。当時通っていた、整体院の理学療法士の先生に紹介状を書いてもらい、さいたま赤十字病院の整形外科を受診したのが、2月初め。手術は5月下旬でした。あれから2年。執刀してくださった石○先生のおかげで、私の右脚は、毎日ちゃんと機能してくれています。3センチ近くあった脚長差も解消し、長さの揃った脚で、靴底に補高をしなくても靴が履ける喜び。股...

... 続きを読む

今一番の心配ごとは

今一番の心配ごとは

2018年5月に、右脚の人工股関節手術をした私。その術後2年検診が、5月末にやってきます。病院は都内ではなく、埼玉にある病院です。今一番の心配ごとは、東京との往来自粛が出ている今、無事に検診を終えられるのかということ。映画『翔んで埼玉』のように、″通行手形″が出ているわけでも、交通手段が無いわけでも、不要不急の範疇ではないけれど、気が重くてなりません。これまでは、手術の日は勿論、検査や検診のたびに、夫が付...

... 続きを読む

脚友(あしとも)さん♪ その後

脚友(あしとも)さん♪ その後

11月に、右脚を手術された脚友さん。左脚の手術で、辛い思いをされたこともあって、術後の経過がずっと気になっていたのですが、「無事に退院しました。今回は順調でした」昨日、そんなメールが届き、ホッとしました。よかった、、、(/o\)退院して、数日したらもう新年。「しばらくは、パソコンに向かう気力も無かった」と、、、それはそうですよね。気持もからだも追いつかなかったことと思います。でも、新しい年を自宅で迎える...

... 続きを読む

脚友(あしとも)さん♪

脚友(あしとも)さん♪

「これは〇〇さんのアドレスですか?葉書にあったのでメールしてみました」突然、覚えのない男の人の名前でメールが届き、ヒヤリとした昨日の午後。少ししてから、ようやく状況を理解。「ああひょっとしたら、、、」そう。それは、昨年リハビリテーション病院で知り合った、Hさんからのメールでした。差出人の名前が、ご主人の名前のままになっていたんですね。Hさんとはずっと、ハガキで近況のやりとりをしていたのですが、以前お...

... 続きを読む

ヘルプマークを受け取りました

ヘルプマークを受け取りました

欲しい欲しいと思いながら、ついつい先延ばしにしていた「ヘルプマーク」をやっと受け取ってきました。手術から一年半が経つので、本当はもっと早く受け取るべきでしたが、調子が良くなると、「今日でなくても大丈夫か」と気持が大きくなってしまうんですよね。2016年4月から、身体障害者の認定基準が変わりました。人工関節に関して言うと、改正前は、片脚で4級、両脚で3級が自動的に認定されましたが、改正後は、術後の経過が安...

... 続きを読む

No title * by *ururu*
電車に乗った時のこと、若い女子のお友達同士と思われる二人のうち一人が座席に座って楽しそうにおしゃべりをしていたのですが、ふと見るとこのヘルプマークをカバンに付けていました。
初めて見たので気になって家に帰ってから調べてみて、あぁ、そういうことだったのかと納得しました。

実はそれからしばらくして我が夫の机の上にこれが置いてありました。
いつの間にかもらっていたようです。
夫はめまいになるともうどうしようもなく、救急車を呼ぶことになり周りの協力がどうしても必要になってきます。
今はめまいの方も良くなってきてヘルプマークを持ち歩くこともないですが、これを持っていることでどんなに安心できたかと思います。

でも、、、以前の私のようにこれが何なのかご存じない方もまだまだ多い気がします。
全ての方に知れ渡り、ちょっと気にかけてくれるようになって、目には見えない不安を抱えている人たちが安心して暮らせるような世の中になってくれたらと思っています。

Comment-close▲