つぶあん日記

この歳になって思うこと この歳だから言えること

「新しい生活様式」ではなく『当たり前の日常』を

「新しい生活様式」ではなく『当たり前の日常』を

2週間ほど前でしたか、夕方のNHKニュースで、アナウンサーがこんなことを言っていました。「初めてスマートホンを手にした時、文字入力になかなか慣れなくて苦労しましたが、慣れるとそれが普通になりました。″新しい生活様式″も、最初は慣れないで大変かもしれませんが、皆さんで頑張りましょう」不自然なほどの笑顔で、そう言うのを聞いて、思わずテレビに捨て台詞。「は?スマホの扱いと一緒にするんじゃない。アホか」政府より...

... 続きを読む

自分のアタマで考える * by ますな
つぶあんこさん こんにちは。

マスコミなどで盛んに喧伝されると、それが大多数の考え方みたいに思われがちですよね。

>自分のアタマで判断し考えることを やめてしまった人が多いように思います。

本当に私もそう思います。
コロナに限らず、ウィルス・細菌は、今までもこの先もずっと人間と共に存在するものです。
今ごろになってやっと政府も「ウィルスと共存しよう」なんて…。
なんか調子が良すぎて、開いた口が塞がりません。

いろいろな意見、考え、思いがあっていいと思います。
おっしゃるように少なくとも一度自分自身のアタマで、きちんと考えてみた方がいいと思います。
変な流れにのったまま流されて、気づいたときはどこの岸にもつかまることができないようなことにならないように。

いつの時も、国や行政のリーダーの言っていることが正しいとは限らない、自分で考え、判断することが一番です。

Re: 自分のアタマで考える * by つぶあんこ

ますなさんへ。

時々思うんです。
私がおかしいのかなって、、、

「国民が一丸となってこの難局を」とか
「ウイルスに打ち勝つ」とか「闘う」とか「封じ込める」とか、
「大切な人を守るためにお家にいましょう」とか
「新しい日常を」という言葉を聞くと、不快感でいっぱいになって。

日本人は真面目だし、言われたことはきちんと守るし、
清潔で良い国だと思う反面、同調圧力も強い国だということも、
今回の件でよくわかりました。
そういう意味では、貴重な数か月だったかも知れません。

>いつの時も、国やリーダーの言っていることが正しいとは限らない。

本当にそうですね。
この歳まで生きてきて、今更自分の性格を変えられそうにもないので、
せめて、自分のアタマで考え判断できるように、
心のアンテナだけは整えていきたいと思います。


Comment-close▲

生きているってこういうこと~映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』

生きているってこういうこと~映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』

2018年に公開された『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』前作から数年後の現在と、若き日のドナ(メリル・ストリープ)の青春時代を描く続編です。ドナの娘ソフィが母親となり、赤ん坊の洗礼式で、すでに亡くなった母ドナ(幻影)と再会。ドナがソフィと赤ん坊を見守りながら、礼拝堂から笑顔で消えていくシーン。もう泣けて泣けて。ミュージカル映画を観て、こんなに泣けたのは初めてかも(ノД`)・゜・。そして、個人的に何より...

... 続きを読む

お気に入りのお店が開いたら

お気に入りのお店が開いたら

ブラッサイアスパティフィラムアイビーシノブポトスサンセべリアディスキディアもうひとつの名前がどうしても分からない、、、(^^;お庭は無いので、窓辺で育てるグリーンがささやかな日々の癒しです。生活雑貨のお店 ″NATURAL KITCHEN″ は、立川ルミネが休業中のため、こちらも同時休業中。″解除″になって、お店が開いたら、真っ先に、新しいグリーンの苗を買いに行きたいと思っています♪...

... 続きを読む

情報過多の時代に思うこと

情報過多の時代に思うこと

家族と一緒に暮らしていた2016年春までは、ごく普通に新聞をとっていました。特に意識して「この新聞を」と思ったわけではなく、引っ越しの日にやってきた新聞屋さんの勧誘に乗っかって(^^;変更する理由もなく、解約も面倒なので、ずっと、その新聞をとりつづけてきましたが、義父が亡くなり、夫が寺の住職となることが決まり、次女のことでゴタゴタがあって、三女・長女と別の街で暮らすようになってからは ← ややこし(^^;思うこ...

... 続きを読む

大人達が試されている

大人達が試されている

春の選抜野球大会に続いて、夏の全国大会も、中止の運びとなりました。今年の高校3年生達は結局、一度も公式戦を経験しないままで、卒業することになるのですね。「命があれば、また野球はできる」そんな言葉で球児たちを慰めている人もいましたが、今落胆している相手に″命″を持ち出して、何の意味があるのでしょう。我が家では、中学・高校の6年間、次女と三女がそれぞれ合唱部に入部し、夏のNコンや朝日コンを目指して、練習に...

... 続きを読む

No Subject * by ますな
つぶあんこさん こんばんは。

涙を流す高校球児の姿を見て、胸がつぶれそうになりました。
感染リスクの上がることが優先されてばかり。
リスクはゼロにならない以上、リスクも込みで、開催する方法をもっともっと模索して欲しかった…こんな時こそ大人が智恵を絞るべきなのに。

何か世の中、後ろ向きな気がします。
家に籠っていても、何も前に進みません。
「もう少し頑張って家にいましょう」の「もう少し」っていつなのでしょうか。「もう少し」の根拠もわかりません。
著名人や芸能人の声高なステイホームも、お腹が一杯です。

Re: No Subject * by つぶあんこ

ますなさんへ♪

高校野球のこと、見ていてとても辛かったです。
苦渋の決断なのかもしれませんが、
感染リスクゼロなどありえない今の状況で、
もう少し、なんとか配慮できなかったのかと思います。

結局、責任をとりたくない大人達が、腰が引けてしまって
いるんですよね。
犠牲になるのはいつも、声を上げられない子供達です。

私の住む東京の″解除″はまだですが、解除されたとしても
ボロボロになった経済は、すぐには元には戻らないでしょう。
壊れてしまった子供達の心も同様です。

お家にいるだけでは、世の中は何も変わらないこと。
いつになったら気づいてもらえるのでしょうか。


Comment-close▲